1 うさぎは、「1頭、2頭」と数える。
2 うさぎは鳴かない。
3 うさぎにも感情表現がある。
4 うさぎが人間の周りを回るのはその人が好きだからである。
5 鼻先で人をツンツンするのはその人が邪魔だからである。
6 うさぎがあごの下をこすりつけるのは、かゆくてもかけないからである。
7 オス同士では、縄張り争いで喧嘩することがある。
8 うさぎはみんな耳が長い。
9 うさぎの目はみんな赤い。
10 うさぎの寿命は約2年である。
11 うさぎは、げっ歯目に分類される。
12 うさぎの前歯は一生伸びつづける。
13 うさぎの前歯は4本である。
14 うさぎは餌を食べる時あごを前後に動かす。
15 うさぎは汗をかかない。
16 うさぎの手足の裏には、犬・猫の様に肉球が見られる。
17 うさぎの前足の爪は4本である。
18 うさぎの後ろ足の爪は4本である。
19 うさぎの歯は、28本である。
20 うさぎは鳥目(とりめ)である。
21 うさぎはしっぽを立てて、仲間に危険を知らせる。
22 うさぎは、自分のうんちを食べる。
23 うさぎに水を与えたら死ぬ。
24 うさぎの主食は新鮮なニンジンが最も良い。
25 野菜だったら何でも食べさせて良い。
26 うさぎの耳をつかんで持ち上げるのは、間違った持ち方である。
27 うさぎの体臭は、ほとんど無い。
28 うさぎはシャンプーが必要である。
29 うさぎはきれい好きだと聞いたので毎日シャンプーをしている。
30 うさぎは、トイレ(おしっこ)をしつけられる。
31 オスがおしっこを飛ばすのは、しつけが出来ていないからである。
32 うさぎも屋外での散歩が毎日必要である。
33 パンダ模様のうさぎは毛を剃ってもパンダ模様のうさぎである。
34 うさぎは雪の中で生活するような動物なので、冬、屋外で飼っても何の問題も無い。
35 ケージの底は糞が落ちるように金網状のものが最も良い。
36 トイレの掃除をしないと、うさぎが病気になることがある。
37 発情期は年に1回ある。
38 メスもオスと同じような発情行動をとることがある。
39 オスは、交尾の後、奇声を発する。
40 うさぎのメスには生理がある。
41 メスが自分の胸の毛をたくさん抜いて口に含みうろうろするのは、ストレスからだ。
42 うさぎの雄は、生まれて直ぐ"たまたま"が確認できる。
43 妊娠期間は約1ヶ月である。
44 カイウサギは、一度に平均1〜2羽の子を出産する。
45 うさぎは、1才までなら雄と雌を一緒にしていても子どもは生まれない。
46 うさぎの赤ちゃんが生まれたら素手で触ってはいけない。
47 ネザーランドドワーフのドワーフとは、”かわいい”と言う意味である。
48 ピーターラビットは、正式種別呼称である。
49 ミニウサギは大人になっても手のひらサイズである。
50 カイウサギは野山にいるノウサギを飼いならしたものである。
51 ノウサギとアナウサギのペアから子供は産まれない。
52 カイウサギの子供は生まれてすぐから目が見える。
53 カイウサギもノウサギみたいに冬になったら白く毛代わりする。